風評被害・遺産相続での相談ならIT弁護士【小屋敷総合法律事務所】
  1. TOP
  2. 慰謝料請求

慰謝料請求に関して

慰謝料とは、精神的な損害を金銭に換算したもの(いわゆる損害賠償金)です。 浮気を原因として損害賠償を請求するためには,配偶者が不貞行為に及んだ事実を証明する必要があります。 例えば、不倫相手とのメール・ラインの履歴,手紙・写真・調査会社の報告書等が証拠として考えれますが, これらが存在しない場合であっても,証言等の様々な手段を用いることも不可能ではありませんので,まずはご相談ください。 不貞行為は、配偶者又は不倫相手に対する損害賠償請求のみならず、夫婦間の離婚問題に発展するケースも多々あります。 当事務所は,これらの問題を包括的に解決するノウハウを有しておりますので,悩まれている方は一度ご相談ください。

勇気を出して悩みを相談して下さい。

お問い合わせ・ご相談

受付時間:9:00~19:00(メール24時間365日対応) 日曜、祝祭日休業
※ 事前にご予約頂いた場合に、日曜、祝祭日面談可能