風評被害・遺産相続での相談ならIT弁護士【小屋敷総合法律事務所】
  1. TOP
  2. 事務所紹介/弁護士紹介

事務所概要

名 称
小屋敷総合法律事務所
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7赤坂レジデンシャルホテル801号室
電話番号
03-6804-6203 (代)
03-6804-6243(誹謗中傷)
03-6804-6258(相続)
03-6804-6236(離婚・慰謝料)
開 業
2013年 8月
弁護士
小屋敷 雄二 [所属] 第二東京弁護士会 [登録番号] 41428
営業時間
受付時間:9:00~19:00(メール24時間365日対応) 日曜、祝祭日休業
※ 事前にご予約頂いた場合に、日曜、祝祭日面談可能

採用情報はこちらから

弁護士紹介

履 歴

  • 1983年 8月17日生まれ
  • 2006年 3月 大学卒業
  • 2008年 3月 法科大学院終了
  • 2008年11月 司法試験合格
  • 2009年12月 司法修習終了(新62期)
  • 弁護士登録(第二東京弁護士会 登録番号41428)

特に多く取り扱っている案件

  • 相続関連案件
  • インターネット上の誹謗中傷対策(記事の削除,発信者情報の開示及び損害賠償請求)
  • その他インターネットに関する法的紛争への対応
  • 週刊誌・言論誌等のマスコミを相手方とする名誉毀損の裁判(謝罪記事の掲載及び損害賠償請求)
  • 離婚・親権の調停・裁判
  • 商事紛争対策
  • 不祥事の調査・報告
  • 危機管理対策
  • 債権回収

始めに入所した事務所は,中小企業やそのオーナーの方々を主たる顧客とする事務所でした。そこでは,契約書の作成,債権の回収,商事仮処分や商事訴訟, マスコミを相手とする名誉毀損の裁判,プロバイダ責任制限法に関する業務,離婚・親権の調停や裁判等をとりわけ多く担当しました。

そこで2年間の経験を積んだ後,今度は著名な大企業を多数クライアントに抱える事務所へ入所しました。そこでは,マスコミを相手とする名誉毀損の裁判, 企業の法務部から持ち込まれる一般企業法務のほか,企業不祥事の調査委員会関連業務や官庁対応の業務,さらにはマスコミ対応を含めた危機管理に関わる案件も数多く経験しました。 元検事総長の先生をはじめ,多数の元検察最高幹部の方が在籍していた事務所だったため,いろいろ勉強・経験させて頂くことが出来ました。そこで約1年半の研鑽を積んだ後, 2013年7月から,赤坂の地で独立開業しております。

現在,クライアントには,インターネットを使った事業を行っている若い企業家の方が多く (私よりも若い人がたくさんいます。),より身近で,頼りになる弁護士像を理想に掲げ,日々業務に没頭しています。

小屋敷総合法律事務所へのアクセス

「東京都港区赤坂9-1-7赤坂レジデンシャルホテル801号室」

勇気を出して悩みを相談して下さい。

お問い合わせ・ご相談

受付時間:9:00~19:00(メール24時間365日対応) 日曜、祝祭日休業
※ 事前にご予約頂いた場合に、日曜、祝祭日面談可能